ビルマ本翡翠(硬玉)勾玉 [jadeite5]

ビルマ本翡翠(硬玉)勾玉 [jadeite5]

販売価格: 2,480円(税込)

希望小売価格: 23,000円

数量:

★ビルマ本翡翠(硬玉)勾玉★

16グラム
産地=ミャンマー 化学式 Na(Al,Fe)Si2O6 硬度6.5〜 7

勾玉(まがたま、曲玉とも表記)は、古代の日本における装身具の一つである。

多くは翡翠、瑪瑙、水晶、滑石で作られ、土器製のものもある。Cの字形またはコの字形で、丸い玉から尾が出たような形をしている。一端に穴をあけて紐を通し、首飾りとした。その形状は、元が動物の牙であったとする説や、太極図を表すとする説、母親の胎内にいる初期の胎児の形を表すとする説などがある。古代から、「魔を避け、幸運を授かる物」とされていた。

日本の縄文時代の遺跡から発見されるものが最も古い。古墳時代ごろから権力の象徴とされるようになった。天皇家に伝わる三種の神器の一つに、八尺瓊勾玉という勾玉が数えられる。武寧王陵など南朝鮮の王墓から発掘されるものは日本から伝来したものという説が有力である。

現在は、名所やみやげ物店でアクセサリーとして販売されている。

参考
サイズ  約 30×20×10 mm



フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)抜粋

他の写真

Facebookコメント